日本のお取り寄せをレビュー - 日々時々ごちそう

シイタケ loves カレー♥

大分県椎茸農業協同組合「豊後きのこカレー」


DSC_0741

質量とも日本一を誇る、大分県の乾シイタケ。
この乾シイタケのうち、傘が開いていない小型で肉厚のものを「どんこ」といい、その「どんこ」を使ったカレーです。
テレビ番組でギャル曽根さんもおすすめしていたのだとか。
写真は相撲の優勝力士に贈呈される、OSK杯と呼ばれる乾シイタケが詰まった杯。

DSC_0742

乾燥させたシイタケをじっくりと戻し、カレーとフュージョン!

DSC_0747

5分ほどお湯で温めて。
よく振ってから・・・

DSC_0750

ほかほかご飯にON!
既にシイタケが見え隠れしとります。

DSC_0753

小ぶりながらも、しっかりとした存在感を示すシイタケたち。

DSC_0756

シイタケの味は意外にもカレーと調和をみせています
小ぶりだけど肉厚なので食べごたえあり
カレーのルーは和の風味もあり、スパイシーでもあり、決してシイタケだけのワンマンカレーではないことをアピール!
意外な相性を発見し、まだまだ世界は広いなぁ、と思う今日この頃でした。

大分県椎茸農業協同組合「豊後きのこカレー」

300円

詳細・購入はこちら

※上記データは2014年7月7日のものです。

※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。ご購入等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

シェアする

The レトルト

秋田味商「比内地鶏カレー」

辛いと美味いの間

京橋屋カレー「辛口伊達鷄カレー」

手造りプレミアムカレー

創ギャラリーおおた「有田焼カレー・大串惣次郎作」

日々ごち@二代目

食い意地と好奇心で日本全国を食べ歩く美味いものハンター。おひとりさまアラサーです。
最近の悩みは量が食べられなくなってきたことと、新店と限定メニューが多すぎて追いきれないこと。

Twitterでも日々つぶやき中!

人気の記事

最新記事