日本のお取り寄せをレビュー - 日々時々ごちそう

『A』なアンチョビ

釜鶴ひもの店「アンチョビ」


DSC_0725

先日テレビで、ソムリエ田崎真也氏が紹介していたこちらの品。
アンチョビって滅多に買わないけど、ちょっと気になってしまったので早速お取り寄せ。

DSC_0723

カッコイイ『A』のロゴが入ったシールで包装されて到着。
『A』は熱海の「A」
こちらは熱海ブランド認定商品。
シンボルマークは富士山とその南東に位置する熱海を表しているとのこと。

DSC_0758

明朝体の「アンチョビ」にオシャレなラベル。
親子五代の「釜鶴ひもの店」謹製。

_DSC_0734

原材料はイワシ(熱海産)・食塩・オリーブオイルと、極めてシンプル。
小ぶりな瓶にイワシがギッチリ詰まっています。

DSC_0737

可愛らしいイワシのイラスト入り商品説明書。
相模湾で水揚げされた厳選カタクチイワシを3か月間熟成させた逸品とのこと。

DSC_0835

早速いただきます。
まずはこちらと合せてみましょう。

DSC_0840

一品目完成!
オリーブオイル+アンチョビ+ブロッコリー
・・・・・ん?薄い?
今まで食べてきたアンチョビが塩辛過ぎたのか、かなり優しい味

DSC_0852

二品目は安定のアンチョビキャベツ。
お酒のアテにしたかったので、今度はちょい塩を足しました。
ちょいピリ辛にしつつ、オリーブオイルの香りにアンチョビの磯の風味がマッチしております。

DSC_0851

〆の三品目をセッティング。
あ、ちなみに今まで買っていたアンチョビフィレに比べて、身がかなりしっかりしています。
調理するためには、細かくみじん切りした方が良いかも。

DSC_0856

三品目は水菜とアンチョビのパスタ。
ニンニクとアンチョビがナイスなハーモニー
アンチョビは味がキツくないし、少しレモンを絞ったので、オイルベースだけどサッパリ!
また、今回は調理しましたが、そのまま食べても良さそう
ごちそうさまでした!

釜鶴ひもの店「アンチョビ」

756円(税込)

詳細・購入はこちら

※上記データは 2014年06月3日のものです。

※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。ご購入等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

シェアする

人気の記事

最新記事